牛肉の部位

ミスジの部位ってどこ?初心者でも分かるその特徴についてを公開!

ミスジ 部位

焼肉店やスーパーの精肉コーナーで見かける様々な部位。

カルビやタン、ロースなどお馴染みのお肉はよく見かけますが、部位によっては見慣れないお肉に「どこの部位?」「どんな味?」「どうやって食べるの?」など、名前や特徴、食べ方が分からない人も多いのではないでしょうか。

今回は「ミスジ」という部位について特徴や美味しい食べ方をご紹介します。

ミスジとは?

焼肉店のメニューで見かける「特上カルビ」。

実はその部位こそが「ミスジ」です。

見た目は葉っぱの葉脈のような美しいサシが入っており、肉の真ん中と上下に3本の筋が入っていることから「三筋」→「ミスジ」と呼ばれるようになりました。

ミスジの部位について

ミスジは、牛の肩甲骨の裏にあるウデ肉にあたる部位です。

お肉はよく動く部分は硬くなりやすく、あまり動かない部分は柔らかいと言われています。

なので、ウデ肉と聞くとよく動く部分だと思われがちですが、ミスジは肩甲骨の裏に位置するお肉はあまり動いていないので柔らかくてとても食べやすい部位です。

ミスジの部位の特徴

ミスジは柔らかくてとても食べやすく、ウデ肉のなかでは最も霜降りが多いのが特徴です。

色鮮やかな赤身とサシが程よく入っている印象と葉脈のようなサシの入り方から、「葉っぱのような形」と認識されていることが多いです。

しかし、牛一頭から取れる分量は約2キロ程度のため、希少価値の高いお肉です。

脂はのってる?

カルビとは異なり、ミスジは独特な食感と脂の溶け具合が楽しめる部位です。

運動量が多い方の部分ですが、肩甲骨の内側であまり動かないこともあり優しく濃厚な味わいです。

ですが、水分量が少ない部位でもあるため脂があふれ出るほどではなく、程よく脂が乗っている印象です。

しっとりとした柔らかい肉質のため、口当たりのいい食感と程よい脂の旨味が感じられます。

 

牛肉 部位
牛肉の部位がややこしくて解らない!焼肉屋で自慢できる牛肉部位の特徴と図解ちょっと贅沢な外食と言えば、焼肉ではないでしょうか。 カルビや牛タン、ハラミなど美味しそうな牛肉は、次から次へと注文するはずです。...

ミスジの部位が活かせる食べ方はステーキ

ミスジの美味しい食べ方はステーキです。

牛肉本来の旨味が十分に感じられる部位の上、口当たりも柔らかなためステーキで食べるのがおすすめです。

薄切りにして焼肉で食べても良いですし、お店によってはレアで提供しているところもありますが、綺麗に入った霜降りと旨味が詰まった柔らかな肉質を活かすにはステーキが最適です。

ミスジステーキが固くてまずいってナゼ?

ステーキとして食べるのが美味しいミスジですが、固くてまずい印象を持たれることもあります。

それは、ミスジの焼き加減がポイントになってきます。

綺麗な霜降りと締まった肉質であるミスジですが、水分があまり多くないのも特徴のひとつです。

ですから、火を通しすぎると水分が蒸発して肉質が固くなってしまいます。

調理をする際は、火を通しすぎないように気を付けましょう。

火加減や焼き方に気を配るだけで美味しいミスジのステーキができます。

ポイントは、ミディアムレアが美味しい焼き加減です。

片面は強火でしっかりと焼き、もう片面は弱火でサッと火を通すくらいでミディアムレアな焼き加減になります。

ミスジの部位の100グラムの値段

ミスジ100gあたりの値段は、お店によって違いはありますが大体1000円前後が相場です。

希少部位ともあってお値段は少々張りますが、牛肉本来の旨味がぎゅっと詰まっており、しっかりとした味わいが感じられる部位でもあるため、少し奮発すると手が届きやすいお値段ではないでしょうか。

ミスジのカロリーについて

ミスジ100gあたりのカロリーはウィキペディアによると190kcalです。

ミスジの栄養成分は、文部科学省が出している日本食品標準成分表などに記載がないため、あくまでも目安としてお考え下さい。

お肉のカロリーを抑える食べ方は、よく焼くことです。

しかし、熱によって溶けだした油分はカロリーも減らしてくれますが、その分味や柔らかさが落ちてしまいます。

カロリーも気になるけど美味しく食べたい!という方は、焼き加減に注意して調理したのち、たれなどの調味料は極力使わず、シンプルに塩コショウのみでも美味しく頂くことができます。

ミスジ部位のまとめ

ミスジはウデ肉に当たりますが、一頭に取れるお肉の量は2キロ程度のため、希少価値が高い部位です。

ウデ肉の内側にありますが、とても柔らかく口当たりの良い肉質と、程よく入った細かいサシの両方をいいとこどりしたような美味しい部位です。

焼肉など食べ方は様々ですが、一番おいしい食べ方はステーキですから、焼き加減に注意してミディアムレアでお召し上がりください。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。