牛肉の部位

牛肉のヒウチとは?肉食系のあなたも絶賛!究極に美味い食べ方を牛肉マスターがご紹介

牛肉 ヒウチ

牛肉料理で、バラやカルビなどの部位は大量に、そして比較的安価で飲食店では提供されているので食べ慣れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、牛には色々な部位がありますから全ての箇所を食べた事がある方は少ないと思います。

また、牛一頭からわずかしか取れないといわれる希少部位というものが存在します。
牛肉のヒウチも希少部位で、とても美味しく貴重なビーフです。

ただ焼くだけではなく、特徴や美味しい食べ方などを知っておくと、さらに旨さが倍増しますよ。

今回は、牛肉のヒウチの基礎知識情報や、究極に美味い食べ方を牛肉マスターがご紹介していきます。

牛肉マスター
牛肉マスター
ヒウチの部位とは何なのかをわかりやすく、徹底解説していきましょう。
牛肉通販 おすすめ
安くて人気の牛肉通販ってあるの?絶対に失敗しないおすすめのお店の選びかた【2022年最新版】牛肉通販のおすすめをご紹介。牛肉歴30年が厳選に厳選を重ねて選んでいますのできっと満足していただけると思います。また配送や送料、値段など細かくデータにしていますのでどこよりも詳しいです。...

牛肉のヒウチとは?

牛肉の部位で、ヒウチという名称はあまり聞き馴染みが少ないかもしれません。

私のように、精肉店で働いている者や焼肉店の従業員などの方達は当然のように知っています。

牛肉のヒウチとは、牛の後足の内もものさらに内側にある箇所のお肉になります。

そして、モモ肉の中では霜降りと赤身肉がバランス良く入っていて、かなり柔らかい肉質です。

もう少し掘り下げますと、もも肉のシンタマを細かく分けた部位で焼肉店などでは高級肉として扱われています。

また、牛肉の部位でヒウチの名前の由来とは【火打石】に形状が似ているところからつけられています。

切り分けられたヒウチは、三角形をしていることから【トモサンカク】とも呼ばれる事もありますよ。

肉質は、とても柔らかいのですが料理をする時に焼きすぎてしまうと、せっかくの柔らかさが損なわれ硬くなりやすい牛肉でもあります。

牛肉のヒウチの味・量・特徴

牛肉のヒウチは、牛1頭からわずか1.5kg~2kgしか取れない貴重なビーフですから希少部位になります。

もも肉の部位としては、最も霜降りのサシが入っているのが特徴です。

一口食べると、口の中で柔らかい肉質を感じる事ができとてもジューシーな食感です。

上手く調理できると、柔らかい肉質ですから、子どもからお年寄りの方まで食べやすいビーフ料理でしょう。

豚肉は、ある程度しっかり焼き上げないと菌や寄生虫などが心配ですが、牛肉はレアでも体調不良を起こしにくいと言われていますので、ヒウチの部位を食べる時はあまり焼きすぎないほうが良いですね。

そして、牛肉のヒウチは、焼き肉の他、色々な料理に使用されているので、美味しい食べ方も様々あります。

大量に取れないお肉だからこそ、食べると深い味わいが堪能できますし旨さも格別なんですね。

良く、バイキング料理店などでビーフ料理の食べ放題などを利用されている方も多いでしょう。

しかし、本格的な焼肉店や牛肉料理店で食べるものとは肉質や使用されている部位が全然違います。

ですので、希少部位のヒウチは食べ放題の飲食店には並んでいないでしょう。

どちらでも食べた事がある人が多いと思いますが、やはり大味の食べ放題のお店と、しっかりした味を楽しめる本格的な焼肉店・牛肉料理店など食べ比べると美味しさが全然違いますよね!

牛肉マスター
牛肉マスター
肉質が柔らかいので子供からお年寄りまで食べやすいですよ!
牛さん
牛さん
焼きすぎると硬くなるから、焼きすぎない事が大切だね

牛肉のヒウチの美味しい食べ方

牛肉料理は、焼き肉だけではなく煮たり蒸したり燻製(くんせい)にしたりと色々ありますよね。

部位によって、最適な調理法というものがあります。

特に、牛肉のヒウチは【ローストビーフ・すき焼き・ステーキ】などが美味しい食べ方としておすすめです。

また、自宅でも旨い料理を手軽に作る事ができるので、飲食店で食べるのが苦手な方や家でビーフ料理を食べたい方もヒウチ料理は最適です。

あまり焼きすぎると、肉質が硬くなって食べにくく味も落ちるので焼き過ぎには注意してください。

希少部位ですから、値段もそれなりに高いですし頻繁に食べる事ができない事もあるでしょう。

ですので、家で調理する時は、なるべく希少部位の牛肉は失敗しないように慎重に料理をされてください。

飲食店で、牛肉のヒウチ料理を食べる時に気にしなくて良いですが、自分で焼き肉をする時は焼き加減に気をつけましょう。

その他の、料理法はプロの調理人が美味しくつくってくれるお店がほとんどですから安心して美味しいビーフ料理を頂く事ができるでしょう。

できるだけ、牛肉の鮮度が良い状態で食べたほうが美味しく食べる事ができるので、自宅でヒウチを食べる時はすぐに調理して食べるようにしてください。

牛肉のヒウチのおすすめ料理メニュー

焼き肉屋や飲食店で、牛肉の部位でヒウチ料理を食べると希少部位という事もあり、外食費用もけっこうかかります。

なので、できるだけ食費を抑えたい方は、お肉屋さんやネットショッピングでヒウチを購入して自宅で調理をすると外食費を節約する事もできます。

その際に、おすすめのヒウチ料理のおすすめメニューは【ヒウチの柚子胡椒バターソテー・黒毛和牛ヒウチの鉄板焼】などがあります。

ヒウチの柚子胡椒バターソテーは、出来上がりにクレソンを添えてオシャレに仕上げて召し上がっても良いですね。

また、日本の最高品質を誇る和牛肉を使用した黒毛和牛ヒウチの鉄板焼きですと、輸入ビーフよりも肉質が良いので、より柔らかい肉質を実現でき一口食べると、とろけるような牛肉の柔らかさを味わう事ができますよ。

ヒウチの部位は、希少部位ですので、頻繁に自宅で食べる機会はないでしょう。

ですので、何かの記念日や御馳走の時に食べるようにするのがおすすめです。

自宅でも、新鮮な牛肉のヒウチを調理すれば、プロの飲食店並みの味を出すこともできますので、上記のようなヒウチのおすすめ料理メニューを作って食べてみてはいかがでしょうか。

牛肉のヒウチのカロリー

牛肉の部位で、ヒウチは、しんたまの箇所を細かく分けたところのお肉だとご説明しましたが、赤身肉でありながら適度に脂肪がのっているので濃厚な味わいを楽しめます。

モモ肉は、筋肉量が多い部分のお肉なので、もも肉の他のところは比較的サシは多くはないのですが、ヒウチは適度に含まれています。

なので、カロリーはサシがバランス良く入っている分、他のもも肉の部分よりも高めです。

ヒウチのカロリーは100gあたり【259kcal】となっています。

カロリー控えめ度:

もも肉の部位の中では、カロリーは高めですが牛肉の部位全体の中では低カロリーと言っても過言ではありません。

ですので、食事制限ダイエットをしているダイエッターにもおすすめですね。

ただし、ヒウチは希少価値が高い部位のお肉ですから、価格も高いのであまり頻繁に食べるのには向いていないでしょう。

減量をしている方は、ヒウチ料理を頻繁に食べてダイエットをするのではなく、安価で栄養バランスが整った牛肉の部位を食べた方が節約にもなり、痩せやすいです。

牛肉のヒウチのまとめ

牛肉の部位で、ヒウチとは牛の後足の内もものさらに内側にある箇所のお肉です。

別名、トモサンカクとも呼ばれ、しんたまを細かく分けた部分のお肉で肉質は赤身肉と霜降りサシ肉がバランス良く入っています。

その為、食べるととても柔らかい食感でとても美味しいです。

カロリーは100gあたり【259kcal】となっており、牛肉の部位の中では低カロリーのお肉なのでダイエッターにもおすすめです。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。