牛肉の部位

牛肉のザブトンとは?基礎知識の新常識!究極に美味い食べ方を牛肉マスターがご紹介

牛肉 ザブトン

牛肉には、色々な希少部位がありますが、その中でも【ザブトン】を取り上げていきましょう。

ザブトンは、希少部位の一つで牛1頭あたり約数kgしかとる事ができない貴重なお肉です。

ワインやハイボールなどのお酒とも良く合い、肉食系の人達の舌を唸らせます。

なかなか、普段はお目にかかれない部位ですから、知らなかった人も多いのではないでしょうか。

今回は、牛肉のザブトンの基礎知識情報の新常識や、究極に美味い食べ方を牛肉マスターがご紹介していきます。

牛さん
牛さん
ザブトンの部位とは何なのかを、わかりやすく徹底解説してきましょう。

牛肉の部位でザブトンとは?

牛肉の部位でザブトンとは、肩ロースのアバラ骨側にあるお肉の事です。

ロースの部位は、広範囲に渡りますが、ザブトンはクラシタのアバラ側へ続く牛肉でロースの中でも霜降りサシ肉と赤身肉がバランス良く入っています。

もっと掘り下げて言いますと、チャックロールと呼ばれる部位の外側がザブトンになり、内側のチャックアイ(肩ロースの芯)と分かれています。

そして、牛肉の部位でザブトンの名前の由来は文字通り【座布団】という意味で、正確には真四角ではないですが、部位の形状がどことなく座布団に似ている事から、そのままザブトンと名付けられていると言われています。

また、別名が【ハネシタ】とも呼ばれています。

地域の飲食店によっては、ザブトンの呼ばれ方も異なり【特上ロース・特上カルビ】などとされているところもあるのです。

ですので、飲食店でザブトンの部位を注文する時は、そのままザブトンでは通じないかもしれません。

その場合は【特上ロース・特上カルビ】などに使われている事が多いので、そちらを注文してみましょう。

牛肉のザブトンの味・量・特徴

牛肉のザブトンは、肩ロースの部位で肉質は霜降りサシ肉と赤身肉がバランス良くついているので食感が柔らかくとても美味しいです。

薄くスライスや厚く切ったりの、どちらでも美味しく食べる事ができますが和牛肉であれば、輸入ビーフよりもサシが多めなので、薄切りにして食べる調理法が向いているでしょう。

食べると、柔らかい食感で肉汁が染み出して濃厚な味を楽します。
そして、後味には嫌味がなく、かつ上品でコクのある味わい堪能できるのが特徴です。

牛肉のザブトンの量は、牛一頭から、約3kg~4kgほどしかとれない希少部位なので値段も他の部位よりも高いです。

それ故に、最高の風味を堪能する事ができるのですが、サシが多く入っている部分なので量を食べすぎると胃もたれしやすくなったり、カロリー摂取過多になりがちなので気をつけましょう。

しかし、焼きすぎて脂肪を落としすぎても肉質が硬くなり、美味しさが損なわれます。
ですので、ザブトンを食べる時は少量を適度に焼いて食べる食べ方がベストですね。

焼肉店や飲食店で注文する時は、値段の高さがネックになり勇気がいるかもしれませんが、美味しいのは間違いないです。

できるだけ、安く食べたい場合は通販サイトでザブトンを購入して、自宅で美味しく調理した方が安心です。

ワインやお酒とも合うビーフですから、宅飲みしながら召し上がってみるのもおすすめですよ。

牛肉マスター
牛肉マスター
ザブトンは、地域によって特上ロース・特上カルビなど呼び名が違います
牛さん
牛さん
食べすぎると胃もたれやカロリー摂取過多になるんだね
牛肉マスター
牛肉マスター
サシが多く入っている肩ロースの部位ですからね!

牛肉のザブトンの美味しい食べ方

ザブトンの部位は、色々な調理方法で美味しく食べる事ができますが、やっぱり焼き肉が食べ方としてはおすすめですね。

焼き具合は、焼きすぎると肉質が硬くなったり焦げてしまいますから、レア位の焼き方で食べると最高に旨いですよ。

片面を、強火でカリッと焼き色がつくくらい焼いて、脂肪が溶け出してきたと感じたら、すぐにひっくり返してもう片面も同じ様に焼きましょう。

そして、美味しい食べ方として、他には赤ワインやハイボールなどのお酒と一緒に頂くのも良いですね。

また、できるだけ牛肉は生食いは避けた方が良いですが、ザブトンのお寿司やタタキなどでも美味しく食べる事ができます。

完全に、生の状態で食べるのではなく、サッと表面だけ火で炙って食べる事をおすすめします。

焼肉屋や飲食店であれば、予め表面だけ加熱処理されているザブトンを頂く事もできますが、もし、完全に生の状態だったら炙れないか一声かけてみましょう。

そして、自宅で食べる場合は、小型の簡易携帯バーナーで、サッとザブトンの表面だけ炙って寿司やタタキにして食べて見てください。

牛肉のザブトンのおすすめ調理メニュー

できるだけ、牛肉のザブトンの新鮮な旨味を味わうためには生に近い状態の方が堪能できます。

しかし、完全に生食いしてしまうと菌や寄生虫などに身体を侵される事があるので危険です。

なので、ザブトンの表面を火で炙ってお寿司やタタキなどにして食べる食べ方がおすすめなのですが、もっと栄養と美味しさを同時に求めると【ザブトンの牛しゃぶサラダ】がおすすめの調理メニューです。

コツは、日本酒とお湯でサッと加熱処理をする事で、殺菌効果もあり牛肉の臭みも消すことができます。

さらに、しゃぶしゃぶですから、柔らかい食感を損なうことなく美味しく頂けます。

お肉のタンパク質だけでなく、サラダに含まれたバランスの良い栄養のおかげで健康的な料理といえるでしょう。

そして、牛肉のザブトンの新鮮な料理メニューと言えば【ザブトンの炙りユッケ】です。

サッと火で表面だけ炙ったザブトンに、ごはん・卵などを入れて食べるシンプルな食べ方ですがとても美味しいですよ。

牛肉マスター
牛肉マスター
焼きすぎると硬くなるのでレアの焼き具合がベストです
牛さん
牛さん
生に近い状態で食べるなら、菌や寄生虫に気をつけないとだね~

牛肉のザブトンのカロリー

牛肉のザブトンは、肩ロースの部位で赤身肉と霜降りサシ肉がバランス良くついている部分のお肉です。

日本の和牛は、脂肪の方が多く入っているのが特徴的なので、カロリーは輸入牛よりも高めです。

そして、牛肉の部位の中では比較的カロリーが高い部分のお肉になります。

ザブトンのカロリーは100gあたり【500kcal】となっています。

カロリー控えめ度:

赤ワインやお酒とも相性抜群ですが、どちらもそれなりにカロリーが高いですからカロリーオーバーに気をつけたいところですね。

なので、牛肉のザブトンを頻繁に食べて、ダイエットをしたいという人には向いていないです。
食事制限ダイエットで、牛肉料理を食べて減量をしたい人は別の低カロリーの部位を食べるようにしましょう。

牛肉のザブトンのまとめ

牛肉のザブトンとは、クラシタのアバラ側へ続くビーフで、ロースの中でも霜降りサシ肉と赤身肉がバランス良く入っている部分です。

ザブトンのカロリーは100gあたり【500kcal】となっています。

バラやカルビなどの部位と同じくらいのカロリーがあるので、量を食べすぎると胃もたれや太りやすくなる原因になります。

希少部位ですので、値段も高い為、ダイエット中の牛肉料理としては向いていませんが、ワインやハイボールなどのお酒との相性が良いので、何かの記念日や御馳走として召し上がって見てはいかがでしょうか。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。