牛肉の部位

牛肉のミノとは?希少部位のミノサンドや上ミノの違いを牛肉マスターが徹底解説!

牛肉 ミノ

焼肉屋さんで食べる牛肉料理の中で、ホルモン好きの方は、ミノが大好きな方は多いのではないでしょうか。
軟骨に似た食感で弾力と噛みごたえがあり、味にクセがないので食べやすいですよね。

牛肉のミノといっても、部位によって上ミノ・ミノサンドなどがある事をご存知でしょうか。

ミノは、牛の胃の部分のお肉で、実は牛には4つの胃があるんですね。

それぞれ、胃の部分の違いによって食感や肉質にも違いがありますから、ぜひ、ミノの理解を深めて頂き美味しく食べられて下さい。

今回は、牛肉のミノの基礎知識情報や希少部位のミノサンドや上ミノの違いなどについて、牛肉マスターが徹底解説していきます。

牛肉マスター
牛肉マスター
牛肉のミノの基礎知識情報をご紹介していきましょう。

牛肉のミノの部位とは?

牛肉のミノの部位とは、牛の第一胃になります。
牛には、4つの胃があるんですね。

第一胃=ミノ
第二胃=ハチノス
第三胃=センマイ
第四胃=赤センマイ(ギアラ)

上記のように、ミノは胃の一部のホルモン肉で市販されているものは、水洗いをして香草と一緒に茹でて臭みを取った下処理が済んでいるミノが多いです。

見た目は、白色をしていてミノの種類には【ミノサンド・上ミノ】などもあります。

焼肉にしたり、牛肉のモツ鍋料理にして食べられる事が多いですね。

牛肉のミノの味・特徴

牛肉のミノは、独特のコリコリとした食感があり噛みごたえがあります。
カロリーも高くないので、ダイエッターにもおすすめの部位ですね。

胃の部分のお肉は、臭みがありそうな感じがしますが、しっかりと下処理をされているミノであれば臭くはありません。

ですが、基本的にホルモンは臭みを抜く為の下処理に時間がかかりますから、自宅で調理される時は多少手間がかかるかもしれませんね。

その点、焼肉屋や飲食店に行けば、すでに下処理された臭みもなく安全なミノが提供されますから、お手軽にサクッとミノ料理を食べたい方は外食するのがおすすめです。

牛肉のミノの味は、濃厚でお肉に切れ目を入れれば肉質も柔らかく食べやすくなります。

ホルモン好きな人は、特に牛肉のミノは定番の部位なのではないでしょうか。
そして、低カロリー高タンパクで脂肪は少ないお肉ですから、とてもヘルシーです。

牛肉マスター
牛肉マスター
牛には4つの胃袋があります。
牛さん
牛さん
餌を食べても食べたりない時があるよ。
牛肉マスター
牛肉マスター
牧草を食べられるでしょ。
牛さん
牛さん
僕は和牛で外国産牛じゃないから牧草は食べないよ。

牛肉のミノとミノサンド・上ミノの違い

焼肉店では、一般的にミノの部位の他に、上ミノがメニューに載っているお店が多いのではないでしょうか。

牛の第一胃は、薄く大きな部分がミノと呼ばれ、その中でもお肉に厚みがあって弾力がある部分を上ミノと呼ばれています。

上ミノは、ミノと比べてさらに厚みと弾力がありますから、包丁で切れ目を入れる事で食べる時に柔らかい食感になり食べやすいです。

そして、第一胃の身と身の間に脂肪がついている部分があり、その部分を同じ様に焼肉用に切った牛肉が、ミノサンドと呼ばれています。

また、飲食店によってはミノの肉質が、弾力があって硬い為、細かい切れ目を入れて湯引きしてお客様に出されているお店もあります。

このように、ホルモンの種類もたくさんある事を理解して頂けたのではないでしょうか。

それぞれ、ミノ・上ミノ・ミノサンドなどのホルモンは、肉質や食感が違いますから外食して食べる時に、ぜひ、食べ比べをしてみると、深い味わいを堪能する事ができますよ。

 

牛肉 サガリ
牛肉のサガリとは?肉食系なら絶対知っておきたいお肉の世界の真実!牛肉の部位のなかでも、低カロリー&健康的なところは【サガリ】という内蔵があります。 脂っこくなくて、食感や味などもしつこくないです...

 

牛肉のミノの美味しい食べ方

現在、日本に流通している牛肉のミノのほとんどは外国産のものになります。
特に、オーストラリア産のビーフのもが多く、ミノは焼肉店やスーパーなどで手軽に購入できる部位です。

国産和牛のミノも販売されていますが、海外のミノに比べて肉質が薄く硬いです。
味は美味しいですが、下処理にとても時間がかかるため、国産和牛のミノを提供している飲食店は少ないでしょう。

ですが、肉質が上質な黒毛和牛の上ミノは、臭みが少ないですし味も濃厚でとても美味しいですね。

牛肉のミノの美味しい食べ方は、ニンニクとニラをたっぷり入れたモツ鍋料理をおすすめします。
自宅で調理する時は、ミノの下処理をしっかりして軽く湯がきましょう。

そして、鍋にミノを入れてコトコト煮込んでから、しっかりと加熱処理した後に、キャベツ・モヤシ・ニラなどの野菜を鍋に入れて食べると、美味しく食べれますよ。

牛肉のミノのおすすめ料理メニュー

牛肉のミノは、焼肉で食べても美味しいですが煮込み料理がおすすめです。
焼肉で食べたい方は、ミノの中でもミノサンドの部分を食べたほうが脂が乗っていて美味しく食べれるでしょう。

そして、煮込み料理と言ったらモツ鍋ですよね。

自宅でもしっかりと下処理をすればつくれますし、飲食店で食べるミノのモツ鍋もとても美味しいです。

ミノの柔らかい食感を重視したい方は、外国産のミノをよりも国産和牛のものをモツ鍋に入れられて下さい。

煮込むことで、焼くよりも肉質は柔らかくなりますので食べやすくなりますし、モツ鍋に野菜をたくさん入れて食べれば栄養もバランス良く摂取できます。

ぜひ、おすすめ料理メニューのミノのモツ鍋を食べてみてはいかがでしょうか。

牛さん
牛さん
牛肉のミノはモツ鍋料理がおすすめだよ。
牛肉マスター
牛肉マスター
弾力があるから柔らかさ重視なら国産和牛肉がベスト。
牛さん
牛さん
逆に食感が硬めが良い人は外国産のミノがおすすめなんだね。
牛肉マスター
牛肉マスター
そうだね。下処理をしっかりとして臭みを抜く事が大切です。

牛肉のミノのカロリー

牛肉のミノは、ホルモン肉ですからサシ(霜降り)はほとんど入っていません。
その為、カロリーも低く減量中の方でも安心して食べる事ができるお肉です。

また、弾力があり肉質が硬めですかから食べると自然と噛む回数が増えるので満腹中枢が刺激されます。

満腹中枢が刺激されると、空腹感がじょじょになくなっていきますから、牛肉のミノを食べることで暴飲暴食を防ぐ事ができます。

ダイエットをしている方で、牛肉料理を食べる時は、できるだけ低カロリーの部位を食べる事も大切ですが、牛肉のミノのように肉質が硬いお肉を食べるのも一度にたくさんの量を食べてしまう心配がないのでおすすめですよ。

低カロリーの部位の牛肉でも、たくさんの量を食べてしまうと摂取カロリーオーバーしてしまうので、太る原因になります。
なので、モツ鍋のように野菜なども食べれるようにする食べ方をするのが太らない為には良いですね。

そして、牛肉のミノのカロリーは100gあたり【182kcal】となっています。

カロリー控えめ度:

牛肉のミノのまとめ

いかがでしたでしょうか。

牛肉のミノは牛の第一胃の部位のお肉になります。
さらに、ミノの種類にも上質・ミノサンドなどがあり、それぞれ肉質や食感も違いがあります。

ミノに切れ目を入れて、焼いたり煮込んだりすると柔らかい肉質に仕上げる事ができるので、食べる時は切れ目を入れて食べると食べやすいですよ。
牛肉のミノのカロリーは100gあたり、182kcalほどです。

低カロリーで、高タンパクな牛肉なので、ダイエッターの方も安心して食べる事ができます。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。