地方牛

淡路ビーフとは?幻の黒毛和牛の味・特徴!淡路牛との違いをご紹介

淡路牛

兵庫県で生まれ育ったブランド和牛に、「淡路ビーフ」がいます。

県内の澄んだ空気と、豊かな自然の元でスクスクと成長した和牛の中で、厳しい審査基準に合格した牛だけがブランド和牛の称号を得ることができるのです。

ですから、全ての和牛がブランド和牛と名乗る事ができるわけではないのですね。

また、淡路ビーフは淡路牛と混合されやすいのですが、全く同じ和牛ではありません。

今回は、淡路ビーフとは何なのかや、味・特徴についてと淡路牛との違いなどについてご紹介していきます。

牛肉マスター
牛肉マスター
淡路ビーフの定義についてわかりやすく解説していきましょう
牛肉通販 おすすめ
安くて人気の牛肉通販ってあるの?絶対に失敗しないおすすめのお店の選びかた【2022年最新版】牛肉通販のおすすめをご紹介。牛肉歴30年が厳選に厳選を重ねて選んでいますのできっと満足していただけると思います。また配送や送料、値段など細かくデータにしていますのでどこよりも詳しいです。...

淡路ビーフとは?

淡路ビーフとは、兵庫県で生産されており、血統や生産者・畜産農家の方の拘りを持った飼育環境により牛肉の筋繊維が細かく柔らかい肉質に仕上がっているブランド和牛です。

他のブランド和牛にはない、肉質のバランスの良さが特徴的で上質なサシ(霜降り)が牛肉の柔らかさを引き立ててくれていますから、絶品の味を堪能することができます。

そして、そのビーフバランスの良さが淡路ビーフの美味しさの秘密なんですね。

定期的に開催されている、「全国牛肉品評会」では淡路ビーフが牛肉の風味に最も影響を与えるとされているオレイン酸を豊富に含まれているとして【脂肪の質賞】という素晴らしい賞を受賞している経歴もあるほどなんです。

その影響もあって、淡路ビーフは全国的にも一躍有名になりました。

兵庫県では、産まれた産地が兵庫県や他県で淡路島で育てられた淡路牛も有名です。

どちらも、極上の味を堪能できるブランド和牛には違いはありません。

淡路ビーフの味について

淡路ビーフは、全国的にも知名度が高いブランド和牛ですから、食べた事がある人も多いのではないでしょうか。

その牛肉の味は、最高品質を誇る霜降り肉が特に一口食べると、舌の上ですぐに牛肉が溶けてしまうほどの柔らかさがありまろやかです。

ブランド和牛の牛肉は、どれも融点が低いので口に入れただけですぐに溶けてしまうほどの食感があります。

その中でも、特に淡路ビーフはさらに融点が低い牛肉ですので、肉質が柔らかく小さい子供からお年寄りの方まで食べやすいです。

オレイン酸も、たくさん含まれていますから風味が抜群に良いのですね。

そして、牛肉の風味以外にコレステロール値を下げる働きも持っていますから、淡路ビーフやブランド和牛肉を食べることは健康にも良いのです。

淡路ビーフの特徴について

淡路ビーフの優れている点は、先程からお伝えしています通り牛肉に「オレイン酸」が豊富に含まれている事です。

人肌で溶けるほどの融点が低い霜降り肉も、ブランド和牛の特徴ですし日本の和牛は外国産の牛肉よりも肉質がきめ細かく柔らかいのでとても食べやすいと言えます。

なぜ、日本と外国産のビーフとでは、肉質や味・食感などに違いがでるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

それは、そもそも牛に食べさせている肥料の配合物や種類などに違いがあるからなんですね。

その他にも、生産者・畜産農家の方の育て方の違いも、牛肉の肉質・味・食感などに影響を与えています。

淡路ビーフも、育てている方が拘りを持った飼育環境を実践しているお陰で、上質な肉質に仕上げる事ができているんですね。

ですから、日本のブランド和牛は外国産牛肉と比べて肉質も柔らかく深い風味を味わう事ができるわけなんです。

淡路ビーフと淡路牛との違いをご紹介

兵庫県で、生産されているブランド和牛は淡路ビーフの他にも、淡路牛がいます。

淡路ビーフとは、兵庫県内で産まれ育ち、さらに厳格な審査に合格した和牛だけが選ばれます。

そして、淡路牛とは、兵庫県内で産まれ育った牛や他県で生まれて兵庫県で飼育されている和牛などがいます。

ですので、淡路ビーフの方が圧倒的に生産数が少ないわけなんです。

淡路牛は、ホルス牛・交雑種・和牛等などが淡路島で他の場所よりも長い期間、育てられていて淡路ビーフは、但馬牛で厳しい認定基準をクリアしないといけないという条件があります。

牛肉マスター
牛肉マスター
淡路ビーフの方が淡路牛よりも飼育条件は厳しいです。 
牛さん
牛さん
淡路牛は他県で生まれて兵庫県内で育った和牛もいるからだね!
牛肉マスター
牛肉マスター
そのとおり。だから淡路ビーフの方が生産数は少なく貴重です。

淡路ビーフのまとめ

淡路ビーフとは、兵庫県で生まれ育った和牛で血統や生産者・畜産農家の方の飼育方法により極上の肉質に仕上げられています。

そして、厳しい審査基準に合格した和牛でないと立派なブランド和牛を名乗る事はできません。

兵庫県には、淡路牛も同じように有名なブランド和牛ですが、淡路ビーフとは違いがあります。

淡路ビーフは、兵庫県で生まれ育った和牛で、厳選な認定基準をクリアしなければいけないという条件があります。

対して、淡路牛とは、兵庫県内で生まれ育った牛を含め、他県で生まれて兵庫県で育てられている和牛になります。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。