地方牛

知床牛の定義とは!?知られざる味・特徴が凄い!究極に美味しい部位をご紹介!

知床牛

北海道で、世界遺産にも認定されている知床では高品質の黒毛和牛の「知床牛」が生産されています。

自然豊かな北海道の土地と清らかな水源地域で育てられたブランド和牛の知床和牛は、北海道内で昔から愛されています。

生産者は、オホーツク育ちのこのブランド和牛の牛肉品質と絶品の味にとても自信を持っているので、その揺るぎない自信と深い愛情によって良質な肉質を実現できているわけなんですね。

牛肉マスター
牛肉マスター
今回は、知床牛の定義や味・特徴と究極に美味しい部位などについてご紹介していきます。

知床牛の定義とは!

知床牛の定義は、肉質等級が3等級以上で、かつ育てられた期間が14ヶ月以上の黒毛和牛の事を指します。

肉質の格付けによって、ブランド和牛の価値が高くなったり低くなったりしますし、味の良し悪しにも関わってきます。

知床牛の肉質は、脂肪と筋繊維がバランス良く配合された上質な霜降り肉が生産されていて、噛みごたえや味も絶品の旨みがあります。

また、北海道産の厳選された穀物を飼料にする事によって、知床牛のブランド和牛としての価値もさらに高くなっています。

牛の餌には、「稲わら・乾草・ビートパルプ・麦わら・小麦」など、無添加の素材が使われています。

他の地域のブランド和牛よりも、餌に拘る事でより高品質の肉質を実現できるわけなんですね。

知床牛の定義には、飼育環境は元より、北海道特有の厳選された飼料を牛に与える事で、他の地域のブランド和牛と差別化を図っているのもあります。

知床牛の知られざる特徴が凄い!

牛肉マスター
牛肉マスター
知床牛の飼育方法は、とてもユニークなんですよ。

 

北海道は、田舎の地域が多いので隣人や家と家との間隔がとても空いている場所が多いですから、のびのびと牛を育てる事ができるのですね。

そして、知床牛の肥育には「演歌」を聴かせながらストレスが溜まらないように愛情を注いで育てられています。

牛さん
牛さん
自分はロックが好きかなぁ~!

このような育てられ方をしている、ブランド和牛はあまり聞かないのではないでしょうか。

そんな、ユニークな特徴を持った育てられ方をしている知床牛は、飼育環境や飼料に拘りを持って生産されているので、最高品質の牛肉の肉質を実現できるのです。

生産者は、知床牛1頭1頭の体調やコンディションを丁寧に確認しながら、日々、育てています。

牛にとって、演歌が本当に心地よいのかは定かではありませんが、毎年、良質な肉質の牛肉を生産する事ができているので、きっとストレスがなく伸び伸びと生活できているのでしょう。

知床牛の知られざる味が凄い!

演歌を聴きながら、スローライフを送っている知床牛ですから、毎年、安定して高品質な肉質の牛肉を生産し続ける事ができています。

その味は、脂肪と筋肉が適度に混ざりあった最高の霜降り肉が生産され、一口食べると、味に脂っこさがなく、あっさりと何枚でも食が進みます。

また、肉質も柔らかいく甘みもあります。

知床牛は、肉質ランクが5等級・4等級・3等級だけが、名乗ることができるので、高級ブランド和牛肉としての位置づけになります。

ですから、普段の生活の中で、気軽に食べれる牛肉かと言えばそうでもありません。

しかし、北海道民の間では、知床牛の味の旨さが知れ渡っていますので、人気が高いブランド和牛でもあります。

肉質の柔らかさ・味の甘み・食感など、どれをとっても最高の牛肉でしょう。

知床牛の究極に美味しい部位をご紹介!

ブランド和牛は、牛肉の中でも特に品質が高いものですから、正直、どの部位を食べても絶品の旨さがあります。

その中でも、知床牛の肉質の高さには定評があります。

牛肉マスター
牛肉マスター
究極に美味しい部位をご紹介していきましょう!

ヒレ肉

ヒレ肉(フィレ肉)は、牛肉の部位の中で、1頭からわずかしか取れない希少部位です。

肉質は、とても柔らかく脂肪はほどんどついていません。

特に、知床牛のヒレ肉は肉質がきめ細かく柔らかいので、舌触りがとても良く脂肪が少ないので食べやすいです。

飲食店やレストランなどで、ヒレ肉(フィレ肉)料理を召し上がるなら、ステーキやビーフカツがおすすめです。

そのヒレ肉の中でも、最高品質を誇る部位がシャトーブリアンという部分ですので、とても高価ではありますが、究極の美味しさを求める方は食べられてみてはいかがでしょうか。

ネクタイ

知床牛の部位で、とても美味しい部分はネクタイになります。

ネクタイとは、牛のお尻付近のお肉でランプに付随した希少部位の赤身肉です。

とても柔らかい肉質で、味も濃厚ですから一口食べるだけで、その凝縮された肉質のネクタイの旨みを堪能する事ができます。

牛1頭あたり、200g位しかとれない貴重なお肉ですから、通常ではなかなか流通していません。

精肉業者の間では、知らない人はいないほど希少価値が高い牛肉です。

知床牛のまとめ

知床牛は、北海道で世界遺産にも認定されている知床地域で、育てられている最高品質の黒毛和牛です。

飼育方法に、演歌を聴かせている生産者も多く、ストレスフリーで肥育された知床牛は、脂肪と筋肉がバランス良く混合した霜降り肉が絶品の美味しさです。

部位の中でも、ヒレ肉(フィレ肉)やネクタイが、とても柔らかく上質な肉質と深い味わいを堪能できるとして人気です。

ABOUT ME
牛肉マスター
牛肉マスターです。ありとあらゆる牛肉を食べまくって30年。お肉のことなら何でも知っていると自負しています。牛肉は外食したら高いけれど、通販で購入して自宅で食べればとても安く済みます。そんな失敗しない牛肉の通販選びについて皆さんにお伝えします。好物はサーロインステーキです。